http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

9/5 台風接近前に里海探索

冬に「里雪探索」スノーシューツアーに参加していただいたお客様が、「講習つきの里海探索」に申し込みをしてくれました。6日の日曜日がご希望でしたが、台風の影響が懸念され、メールでやり取りをして5日土曜日にツアーを前倒しして実施しました。午後は用事があるとのことで、朝の6時からの早起きツアーです。

 

早朝5時に集合場所の浜に向かいます。風もなく、穏やかそのものの琵琶湖です。カヤックツーリングには最高のコンディションです。6時前にお客様がやってきました。陸上で道具や簡単な漕ぎ方の説明をしてから、水の上で前進や後退、曲がり方、とまり方などを少し練習しました。

 

ある程度カヤックを操作できるようになったら、ツアーに出発です。小さな浜に上陸したり、狭い水路を通ったりしているうちに、最初はぎこちなかった漕ぎ方も次第にスムーズになっていきます。湖岸の景色を楽しみながら、普通にカヤックツーリングです。

 

園地の木陰で少し休んでから、出艇地方向へと戻ります。帰りは少し沖合を一気に漕ぎました。対岸には伊吹山や霊仙がよく見えてい感じです。あまり離れないようにしながら、お客様も自由に漕いでいます。出発した浜を通り過ぎ、木陰のある浜に上陸して最後の休憩。

 

その後、浜に戻って午前11時前にはツアー終了を終了しました。前日までは大気の状態が不安定で風が強く、翌日からは台風の影響が出始める状況でした。条件のよい日にピンポイントでツアーができてよかったと思います。

 

カヤック初心者の方には「カヤック散歩体験」をお勧めしていますが、時間の長い「里海探索」に参加したいというお客様がたびたびおられます。気象条件の良い日に限って「講習つき里海探索」ツアーも実施できますので、気軽にお問い合わせください。また時間設定なども柔軟に対応します。

 

9/1 残暑続く

もう9月、まだまだ厳しい暑さです。標高の低い里山を歩くにはちょっと厳しく、気象条件の良い日を選んでカヤックツーリングのコースを探索しています。

 

8月下旬の報告です。25日は高島市内の山城跡を助手のシンバと歩いてみました。清水山城跡という標高210mの小高い丘のような場所ですが、日陰が少なく、暑くてたまりません。ほぼ熱中症状態で息も絶え絶えといった感じでした。春先か秋口の散歩、冬のスノーシューツアー歩きなら楽しめそうです。

 

26日は以前にご家族でカヤックツアーに来ていただいた方が、ご友人と「カヤック散歩体験」のツアーに来てくれました。朝7時開始の予定でしたが、予想より早く雨が降り出し、その後も雨風が強くなりそうだったので残念ながらツアーは中止。雨でもカヤックは漕げますが、初めてのカヤックはできれば気持ちよく楽しんでもらうほうがよいですね。

 

28日、業務とは関係がないのですが、知内川での「親子里山体験隊」の小アユ釣り体験をお手伝いをしてきました。もっぱら竿と仕掛けづくりお手伝いでした。渓流での毛ばり釣りの経験はあっても、アユの仕掛けは初めてです。大人も子供も水に入って楽しんでおられたのが何よりでした。8/21〜8/31の間は釣り、手掴み、タモ網限定で鮎の採捕が可能でしたが、すでに鮎の採捕は禁止になっています。

 

30日、安曇川河口付近を助手のシンバとカヤックで探索してきました。水深が浅くなっているので、カヤックを浜に上げ、せいぜい脛くらいの深さの浅瀬を歩いて探索しました。帰り道、小さな水路に侵入しましたがすぐに行き止まり。狭い水路で転回もできず、バック漕ぎでなんとか脱出しました。

 

31日、午後、風が強くなりました。この時期には珍しく北西の風です。夕方、シンバの散歩がてら偵察に行くと、海津大崎あたりは白波が立っていました。

 

九州に台風が近づいています。さらに日本の南には新しい台風が発生しています。台風の進路などには注意してください。しばらくは里海遊びや里山遊びもできないかなあ。まあ、天気には勝てないので、道具の整備や地図で秋以降の山歩きのコースでも考えることにしようかな。

 

8/24 暑い!

強烈な暑さが続いています。風のない日は水辺のカヤックすら辛いほどです。

 

8月19日、コースの偵察がてら助手のシンバと今津浜から早朝に漕ぎ出しました。気持ちが良かったのは最初の1時間だけ。6時を過ぎるともう暑くなってきます。岸辺の木陰で休んでから戻りました。

 

8月21日、家族で避暑カヤックです。折り畳み椅子をカヤックに積み込み、静かな湖岸の浜に上陸。柳林の木陰でゆったりしました。岸近くの水温は高く、ぬるいお風呂みたいな感じです。

 

8月22日、コースの下見がてらシンバと二人で安曇川扇状地の湖畔を3時間ほど漕ぎました。この日は弱いながらも少し風があってそれほど暑さを感じませんでした。

 

今週後半は台風の影響がありそうです。台風自体は大陸のほうに進んでいく予定ですが、台風に向かって強い南風が吹き、フェーン現象も発生しそうです。水遊びの方は強風と高温にご注意を。

 

8/18 Early Bird Kayaking、やってみました

早速、Early Bird Kayakingの現地調査をしてきました。早朝3時半に起床。真っ暗な中、眠い目をこすりながら車にカヤックや装備を積み込み、4時過ぎに事務所を出発、

 

目的の浜には5時前に到着。まだ日の出前でしたが、目の前の琵琶湖は穏やかそうでした。カヤックを浜に運び、日の出を待ちます。

 

 

ところが明るさが増すにつれ北西の風が強くなってきました。少し漕ぎ出してみますが、けっこうな風波。いったん浜に戻りました。日が昇り始めると、風もいっそう強くなってきました。日の出を観察することにしてしばらく休憩。風が収まるのを待ちます。

 

風がちょっと落ち着いてきたので、再びカヤックを出します。小さな湾を出るとまだけっこうな風。風上に漕ぐのは諦めて、風下に向けて岸沿いを漕ぎました。後ろからの波に乗ってサーフィンです。

 

浜でちょっと休んでから出艇場所に戻りました。霧雨のような雨が降ったり、晴れたりと不安定な天気でしたが、次第に晴れ間も広がってきました。7時過ぎに撤収し、事務所へと戻りました。朝イチのカヤックは気持ちよいですが、やっぱり天気次第ですね。