http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

8/7 楽しいカヤック散歩、のち雷雨

7月末に「里海探索」ツアーに参加していただいたお客様が、家族で遊びに来てくれました。今回は親子3人での「カヤック散歩体験」ツアーです。

 

ただ、台風4号が低気圧に変わり、そこから延びる前線の影響で大気の状態がやや不安定です。急に風が強くなったり、落雷が発生する可能性もありました。しばらくキャンプで高島に滞在されるということなので、この日、朝早い時間にツアーをすることにしました。

 

ツアー当日の朝、天気と湖岸を偵察します。風も弱く、穏やかな琵琶湖、ツアーに出かけられそうです。朝の8時から「カヤック散歩体験」開始。漕ぎ方を陸上で少し練習してから、さっそく湖面にカヤックを浮かべます。今回のツアーは助手のシンバも同行しました。お客様は三人艇、シンバと私は二人艇で出航。

 

空はどんより曇っていましたが、風がそよそよ吹いて気持ちの良い琵琶湖です。お父さんはカヤック2回目なので漕ぎ方もスムーズ。奥様も気持ちよさそうに漕がれています。小さな湾のような場所で湖畔林やエリを眺め、ところどころに水草の浮いた湖面をのんびり漕ぎました。冬場は水鳥の多い場所ですが、真夏の今は鳥の姿もほとんどありません。

 

浜に上陸して一休み。助手のシンバはこどもに小枝を投げてもらって遊んでいます。こどもさんはカヤックよりこちらのほうが楽しいみたいでした。

 

帰りは私とシンバの二人艇にこどもさんが乗ることになりました。こどもさんはパドルを放し、漕ぐよりも手を水につけて流れる水の感触を楽しんでいました。まあ、それもよし。大人とは違う形で琵琶湖を楽しんでいるのです。

 

雨粒がぽつぽつ落ちてきましたが、のんびり漕いで出艇地の近くまで戻ります。時間にまだ余裕があったので、出艇地を通り過ぎて近くの湖岸林をカヤックで探索しました。水草の生えた狭い水路に入って、狭い場所でカヤックを回したり、湖岸林の景色を楽しみました。午前10時過ぎにツアー終了。

 

案内する私もにとっても楽しいツアーでした。事務所に戻り、カヤックやライフジャケットを水洗いして日向で干しました。すると午後2時ごろ、急に空が真っ暗になり、いきなりバケツをひっくり返したような雨。雷の落ちる大きな音も聞こえます。せっかく乾きかけた道具もすべてびしょ濡れに。ツアー中にこんな天気にならなくてよかったとつくづく思いました。朝の早い時間にツアーを実施して正解でした。

 

コメント