http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

6/19 梅雨の晴れ間に

梅雨も本格化し、外遊びにはちょっと辛い時期です。

 

梅雨の合間の晴れ間を利用して琵琶湖の湖岸を1時間ほどカヤックで漕いできました。新型コロナで長らく放置されていた湖岸の草刈りなども一部始まっていました。

 

水の上は風がそよそよと吹いて気持ちが良かったです。湖岸林の緑も鮮やかで、高島トレイルの山々、霊仙や藤原岳など鈴鹿の山々、比良の山並みもよく見えました。

 

高島では熊の目撃情報が相次いでいます。数年前には高島トレイルでも熊に襲われて大けがをされた方もおられます。できるだけ複数でおしゃべりしながら歩き、熊鈴など音のするものを身に着けておくのがよいと思います。私自身はひとりで歩くことも多いので、熊鈴はもちろん、熊撃退スプレーを携帯するようにしています。

 

高島周辺の山々は標高が低く、梅雨から夏にかけてのトレッキングはそれほど快適とは言えません。水分の補給を怠らず、熱中症対策をしてください。自分自身も夏は日本アルプスなどの高山を歩き、季節が進むにつれて次第に低い山へと移行していくパターンが多かったように思います。紅葉を追いかけていく感じです。

 

また、新型コロナで登山自粛が続いたため、高島トレイルなどの主要なコース以外では十分な整備がなされず倒木などで山道が荒れている可能性もありますのでご注意をお願いします。

コメント