http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

2/23 降雪も続かず

今年の冬はいったいどうなっているのでしょうか。寒気が長続きしません。予報通り17日の夜から雪が降り始め、翌朝には箱館山山麓の森にも20cmほど積もっていました。かなりの湿り雪です。この日は降り方に強弱はあるものの雪が降り続きました。

 

2月18日、お昼ごろ箱館山スキー場の様子を見に行きました。吹雪で視界が悪く、しかも重い雪です。ゲレンデでは斜度の変化がわからず、船酔い状態に。滑るのは早々に諦め、山の様子を偵察に行きました。これがまた辛かった。みぞれ混じりの冷たい雪が吹きつけ、ウェアはずぶ濡れです。霧で視界もよくありません。こんな日は長居は無用と下山しました。

 

翌日19日、高島トレイルの乗鞍岳に助手のシンバと登ってきました。気になっていた在原からの南尾根ルートの探索です。湿った重い雪をスノーシューでラッセルしながら登りました。727mのピークを過ぎるとなだらかな尾根になり、林道が近づくと登山者のトレースがありました。在原から別ルートで上がってきた登山者のようです。山頂まではわずかでしたが、冬のルートがほぼ解明したのでここからトレースをたどって下山しました。

 

2月21日の乗鞍岳です。麓の雪はほとんど消えています。

 

今日23日も霰や冷たい雨が降りましたが、今シーズンはもう雪が舞うことはあっても、山が雪に覆われるほど積もることはなさそうです。近江西部での「里雪探索」ツアーや「スノーシュー体験」は今季終了となります。また来年、雪が降ればお待ちしております。

 

コメント