http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

12/28 雪のない冬

今年も終わりに近づいてきました。まだ雪が降りません。12月後半の山の様子をお知らせします。

 

ここ二日間ほどはしぐれ模様でした。28日、湖岸から眺めると伊吹山が少し雪をかぶっていました。またくつきの蛇谷ヶ峰周辺も雪で少し白くなっていましたが、高島トレイルの乗鞍岳から大谷山にかけての稜線部は下から眺める限り冠雪していませんでした。


12月下旬、近くの里山を地形図片手に助手のシンバと歩いてきました。スノーシューコースの下見です。なだらかな尾根筋はスノーシューには最適な地形でしたが、いかんせん倒木だらけで難儀しました。雪が降り積もったらどうなるか、積雪期にもう一度偵察したいと思っています。

 

クリスマスの日には高島トレイル上の武奈ヶ嶽の周遊コースを歩いてきました。石田川ダムから赤岩山西峰に登り、稜線上のトレイルを北に進み、武奈ヶ嶽を経て尾根の途中から石田川に下る周遊コースです。

 

登りに使った尾根ルート下部は杉の倒木多数でルートが少しわかりにくくなっています。高島トレイルの稜線は葉が落ちた快適な尾根、琵琶湖、遠くには白山の白い峰々、若狭湾側には三十三間山の草原もよく見えました。下山は武奈ヶ嶽北尾根の途中から石田川のワサ谷出合へと下り、ダムへと戻りました。天気に恵まれ、なかなか楽しい偵察となりました。

 

次の寒波は大晦日あたりでしょうか。でもいつ降雪があってもおかしくない時期です。気象条件に留意し、みぞれや雪に耐えられる安全な衣類や装備で無理のない登山をお楽しみください。

コメント