http://satoyamastyle.jugem.jp/manage/?mode=template スマホ版

12月の里山の様子

12月初旬、麓はみぞれ混じりの冷たい雨。琵琶湖畔に散歩に出かけると対岸の伊吹山や霊仙は真っ白になっていました。高島トレイルの稜線は雲がかかって見えませんでしたが、後日確認すると稜線部は雪で真っ白になっていました。その後は暖かい日が続き、稜線部の雪は一部に残っているだけで現在はほとんど消えています。

 

12月中旬、快晴の日を選んで大谷山から原山峠へのルートを探索してきました。雪が少し残っていました。

マキノ石庭から大谷山に登る際、標高700mあたりに壊れた道標があってずっと気になっていました。地形図で確認すると原山峠を経て田屋城跡に続くルートのようです。

助手のシンバとともに大谷山の登山道を登ります。壊れた道標ののところから原山峠に続く尾根に入りました。最初は広くてなだらかな広葉樹の尾根です。雪が少し残っていました。

琵琶湖の展望も

杉林を経て再び緩やかな尾根を進むと原山峠への分岐。ちょっと足を延ばして峠の石畳を見てきました。下りは沢沿いを下り、途中から植林地を適当に歩いて大谷山の登山口へと戻りました。

 

しばらく暖かさが続きそうですが、この時期は気象遭難の多い季節です。冬型の気圧配置になると稜線部は日本海からの強風が吹きつけます。天気をチェックして安全に登山を楽しんでください。

コメント